こどもを預けたい!託児所について知ろう

>

デメリットを考える

企業内託児所のデメリット

大企業などの職場に設けられている企業内託児所ですが、一見、職場から近くて便利というよい点しか思いつかない気もしますが、デメリットもあります。

デメリットの一つとして、職場に託児所があるわけですから、当然自宅からこどもと一緒に通勤することになるでしょう。
通勤方法が電車の場合、朝の満員電車に揺られながら、こどもを連れていく必要があるのです。
これは、親にとってももちろん大変ですし、小さなこどもにとっても当然身体に負担がかかります。
無理なく移動できるかどうかをしっかりと検討したうえで、託児所に預けるべきかどうかを判断しましょう。

また、一般的に企業内託児所は保育園や幼稚園と比較すると利用者数が少ない傾向にあります。
ですから、こどもが集団生活を学びにくかったり、母親もママ友をつくりにくいといったデメリットもあるようです。

施設ごとに差がある

一般向けの託児所の場合、その形態というのは実に様々で、施設ごとの特色がはっきりと異なります。
ですから、デメリットとしては、まずその託児所についてしっかりと情報収集をし、知っておかなければならないという点が挙げられるでしょう。

託児所の場合、特に国の認可は必要なく開業できますし、保育士資格を持っていない人でも働くことが可能です。
ですから、満足できる育児サービスを受けられなかったり、十分な教育を期待できないというデメリットがあるでしょう。

あまり、中身の充実した施設ではなく、ただこどもを預かってもらうだけの場所となってしまい、こどもの成長にプラスにならないケースなども時としてあるようですから、そこは親が責任を持って考えることが望ましいかもしれませんね。


TOPへ戻る