こどもを預けたい!託児所について知ろう

>

メリットを知ろう

すぐに駆けつけられる

託児所は大きく分けて二種類あり、ひとつは大企業などが独自に設けているその会社で働いている社員のこどもを中心とした利用を目的とした、企業内託児所です。
もう一つは、企業などのくくりは特になく、広く一般向けに乳幼児を対象としている施設になるでしょう。

まず、企業内託児所を利用するメリットとしては、企業内託児所はそのほとんどが職場と同じオフィス内やそのすぐ近隣に設けられているため、職場と託児所との距離が近いというのが何よりの魅力になります。
すぐ側にこどもがいますので、何かあれば親はすぐにかけつけることができるため、急なこどもの体調変化や地震などの緊急災害時に対応しやすいでしょう。
また、通勤先と預け先が一緒ですから移動するうえでの負担が少なくて済みます。

一般向け託児所のメリット

託児所には、企業の社員のこどもなどを対象とした企業内託児所の他に、広く一般の人でも利用できる託児所もあり、イベントやデパートでの一時預かりの託児所から、保育園のように継続して託児をしてもらえる施設まで様々です。
このような一般向けの託児所を利用するうえでのメリットとしては、やはりその利用しやすい手軽さにあるといえるでしょう。

特に、デパートやイベントなどでの託児に関しては、事前の登録なども必要なかったり、持ち物なども最小限で済むように配慮されているため、預けるうえでの手続き等の面倒さがないのがその良さです。
また、保育園のように継続して預かってもらえる託児所ですと、事前の下見や慣らし保育は必要なことも多いですが、保育園よりも待機児童が少なく利用しやすいといったメリットがあります。


TOPへ戻る